今月の「いいね!」

LIFE STYLE 浜野愛

大事なものを大切にしながら働ける。 それがグランブッフェのいいところです。

水泳、学業、アルバイト。 3足のワラジで全力疾走の学生生活。

私、子どもの頃からずっと水泳をやっていたんです。小学生の時にジュニアオリンピックに出たこともありました。だけど、小6の時に膝を故障し、中・高はリハビリの毎日。大学生になって、もう一度、水泳の世界に帰ってきました。最初は身体の感覚が戻らなくて、なかなかイメージ通りに泳げず苦しんだことも。だけど、やっぱり水泳が好きだという気持ちは何年経っても変わりません。もう一度泳げることが、純粋に嬉しかったですね。

そんな私だから生活の第一優先は、部活。平日は授業の後は、ほとんど練習をしています。グランブッフェのいいところは、そんな私のスケジュールにも柔軟に対応してくれるところ。バイトに入るのは、基本的に土日と平日1~2日程度。大会直前はどうしてもお休みをいただくことになりますが、それも「気にしないで大丈夫だから」と気持ち良く応援してくれています。特に私の場合、21時以降にバイトはしないと決めています。飲食業の場合、閉店まで働ける子の方がお店としては助かるもの。本当なら私もそう言われても仕方ないはずなのに、私の事情をわかった上できちんと21時には上がらせてもらえる。自分のやりたいことややらなければいけないことを大事にしながら働ける環境は、アルバイトとしては本当にありがたいですね。

ずっとバイトを続けていられるのは、 一緒に働く人たちが好きだから。

そもそも私がグランブッフェにクルーとして入ったのは、高校2年生の頃。最初は慣れなくてフロアに出るだけで固まっちゃうことも。焦ってお皿を割って、みんなに迷惑をかけたこともあります。でも、そんな時、みんなでフォローし合えるのがグランブッフェのいいところ。
やっぱりアルバイトって、人間関係がとっても大事です。大学の友達と話をしていたら、よく「バイト先に嫌な人がいて」「上の人が忙しい時に手伝ってくれない!」なんて愚痴を聞くこともありますが、そのたびにうちってすごく恵まれてるんだなあって実感しますね。同世代のクルーはもちろん、主婦の方もすごくいい人。いつも私を可愛がってくれて、成人式の時はお祝いにキーケースをいただきました。

社員の方もすごくクルーのことを気にかけてくれています。今、私は時間帯責任者を任せてもらっていますが、それも2年間お世話になった以前のマネジャーが私の頑張りを認めてくれたおかげ。クルーのリーダーになるには、どんな時も状況を把握する力が欠かせません。私自身、いつもそれを強く心がけていたので、「ちゃんと周りが見られているね」って評価してもらえた時は、すごく嬉しかったです。残念ながら今は別の店舗に異動されてしまったのですが、お別れの時はお礼に置時計をプレゼントしました。私が高2からずっとバイトを続けていられるのも、「一緒に働く人たちが好きだから」っていうのがいちばんの理由なんです。

これから卒業に向けて、いよいよ将来のことも真剣に考えていかなければいけません。今の目標は、公務員試験に合格すること。そして、水泳では関カレ(関東学生選手権水泳競技大会)で納得のいく結果を残すこと。ますます毎日忙しくなると思います。でも、グランブッフェも卒業までできる限り続けたい。今のマネジャーも「何でも相談してね」って明るく声をかけてくれています。一人ひとりのプライオリティを大事にした働き方ができる。そんなグランブッフェだから、きっと卒業まで笑顔で働けるんじゃないかって思います。

crew1_tt

PAGE TOP