今月の「いいね!」

LIFE STYLE 栗山 仁子

やっぱり働くのって、とっても楽しい。 専業主婦の頃より、毎日が充実しています。

13年ぶりの社会復帰。周りの先輩クルーに支えてもらっています。

結婚して13年。上の子が12歳、下の子ももう10歳になりました。そろそろ子育ても落ち着いてきたのが、専業主婦だった私が働いてみようと思った理由です。結婚する前に百貨店の受付をやっていたこともあって、接客業がやりたかった。そこで、家の近所で飲食のお仕事という条件でパート先を探しはじめました。いろんなサイトを見たけれど、中でも目についたのが『フォールームス 越谷』。私自身、何度も利用していたし、制服もカッコよかった。それに時給も他のお店と比べて良かった。大事なことですよね(笑)。それで、ここで働きたいなって思ったんです。

パートとは言え、13年ぶりの社会復帰です。最初は特に緊張しました。オーダーを受けるハンディ端末の使い方がわからなくて、四苦八苦。でも、このお店にはオープンの頃からずっと勤めているベテランの方も多いので、すごく助かりました。私が困っていると、さり気なく声をかけてフォローをしてくれるんです。ちょっと落ち着いた時は、子育てのこと、学校のこと、同じ母親同士、何気ない雑談でいろいろ情報交換させてもらったり。ランチタイムは私と同じ主婦の方が多いので、自然と溶け込めました。

シフトが半月ずつに提出できるから、急な用事にも柔軟に対応できるんです。

『フォールームス 越谷』は半月ごとにシフトを出せるんです。これは、家族の状況によってコロコロと予定が変わる主婦にはとっても便利。たとえば学校の行事って、個人面談とか修学旅行の説明会など、いきなり予定が入ってくることも多いんです。そんな時もマネジャーに相談すれば、快くシフトを調整してもらえる。シフトが入るのも週に3~4回。勤務時間も5時間前後とそれほど負担はありません。おかげで家のことをきちんとこなしながら働くことができています。

それに、働きはじめて何よりいいなと思ったのは、家族以外の人から必要とされている実感を味わえること。それまでも学校や地元のボランティアに参加していたりもしましたが、やっぱり自分が何かやってそれでお金をいただけるのってありがたいし嬉しいなって思います。今までは夫の収入しかありませんでしたから、何か自分のものを買うにしても、どこかでお伺いを立てるようなところがありました。少ないながらにも自分の稼いだお金で自分の好きなものを買えるというのは気持ちがいいですよ。

今の目標はパート代を毎月1万ずつ貯金すること。ある程度貯まったら、そのお金で子どもたちにクリスマスプレゼントを買ってあげたいなって思っているんです。やっぱり働きはじめると日々にハリが出るし、自分自身、イキイキしているのがよくわかる。専業主婦でいた頃よりも毎日がずっと楽しいです。

crew4_tt

PAGE TOP