MX 甲子園 Touch Your Heart 新たな感動が生まれる日

開催概要

開催日

2016.01.20 [WED]

会場

EX THEATER ROPPONGI
〒106-0031 東京都港区西麻布1-2-9

参加店舗

地粉屋 福ろう製麺 イオンモール札幌発寒店
グランチャイナ 南町田店
しゃぶ葉 沼津インター店
しゃぶ葉 婦中町店
グランブッフェ 堺北花田店
しゃぶ葉 東広島フジグラン店

出場店舗紹介

優勝店舗

今大会の優勝に輝いたのは「グランブッフェ堺北花田店」。当日の結果発表後、「私達がやってきたことが間違いではなかったという事が証明された」と涙ながらに、その栄光を噛みしめたコメントを述べた。その涙の背景には、開発地域ならではの苦労や努力があった。大阪府の中心地に位置するこの店舗は、商業施設が次々にオープンし、地域の激戦化は激しくなるばかりで、新規顧客の獲得は目に見えていた。そのため、お客様とのコミュニケーションの「量」と「質」その両方を向上させ、「一度来たお客様を如何にして再来店してもらうか?」という「お店のファン獲得」を合言葉にあらゆる事にチャレンジし続けた。商売上の永遠のテーマとも言えるこの課題に対する取組み内容は、数多くの聴衆が共感し、会場一帯が大きな感動に包まれた。また、内容も然ることながら、発表時の「チームワークの良さ」が滲み出ている事が優勝を後押しする決め手にもなった。

準優勝店舗

準優勝を手にした「しゃぶ葉婦中町店」。今では社内コンテスト常連の優秀店舗だが、ここまでの道のりは苦労の連続だった。業態転換による売上倍増、更には人員不足が重なり、週末の土日営業日は他店からのヘルプが必須な状況になる程の厳しい状況にあった。そんな苦境の数ヶ月間を協力し合い、乗り越えたメンバーには「強い団結力」が生まれた。その様子を発表しながら見せた涙は、これまでの苦労を物語る以上に伝わる真意だった。その逆境を乗り越え、生まれ変わった「しゃぶ葉婦中町店」は、次々と新規クルーの紹介者が来る好循環をも生み出す。しかしマネジャーの荒木は、この甲子園が「しゃぶ葉婦中町店」としての最後の仕事。荒木も次のステージへ向かう為、双方の感謝が集大成として表れた発表内容は、聴衆の多くに感動を与えてくれた。

総評

皆さん良き発表を有難うございます、お疲れ様でした。発表を聞いていて、私がニラックスに来た時の事を思い出しました。その当時、コストカットを余儀なくされていたニラックスでしたが、私がまず行ったことは「覆面調査の年間契約」です。それはニラックスの未来に必ず繋がると思ってスタートしました。そして覆面調査を実施することで、今このNX甲子園があります。回を重ねるごとに皆さんは着実に成長をしています。それを感じ取る事ができました。今回、特に重要だと感じたのは、「前回の甲子園を閲覧したクルーの方が、自分のお店にその感動を持ち帰る事で、感動とアクションの輪が広がっている」という事です。私は「人の感動が広がっていくという事」が一番重要だと思っています。正直、仕事は大変ですし、毎日辛い事も沢山あります。しかし一年に一回だけは、私もこの甲子園で「勇気」をもらいます。またこの一年頑張ろうと思います、多くの感動を本当に有難うございました。

PAGE TOP